ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌

月刊「マスコミ市民」

2021年6月号(No.629)(6月1日発行)

特集は「終わりの見えないコロナ禍」 「コロナ敗戦」をもたらしたのは厚労省の実働部隊の劣化。同時に首相の指導者としての危機管理能力のなさを指摘する毎日新聞の倉重篤郎さん。政府のコロナ対策に警鐘を鳴らし続けている医療ガバナン …

2021年5月号(No.628)(5月1日発行)

特集は「国会とメディア」 国会審議記事のパターン化が「印象操作」に利用されている現状認識と、言葉の創意工夫をメディアに求める法政大教授 上西充子氏。文春砲が目立つ中で、雑誌と新聞、放送の違いの再認識の必要性とネットの登場 …

2021年4月号(No.627)(4月1日発行)

特集は「コロナで見えてきたもの」 巨額の巨額の財政赤字を抱える政府と国債を買い支える日銀は何をもたらしているのか。賃金が上がらず消費もマイナスの一方で、株価が上昇している状況をどうとらえるのか。コロナ対策が最大の経済対策 …

2021年3月号(No.626)(3月1日発行)

特集は「3・11 福島原発事故から10年」 格納容器の圧力を下げる「ベント」になぜ始まらないのか、「わからない」という東電の報告に、ヘリで直接現地に向かった当時の菅直人総理が、危機管理の思いとこれからの脱原発社会を語る。 …

本誌625号掲載・高田昌幸さんのインタビュー記事「政権とメディアは常にお互いのせめぎ合い」の記事取り消しについて

 本誌625号(前号)に掲載した「政権とメディアは常にお互いのせめぎ合い」は、編集部より高田さんにインタビュー取材をお願いし、実現させたものです。昨年12月に編集部がZOOMでインタビューして原稿として整え、その後、高田 …

PAGETOP
Copyright © NPO法人 マスコミ市民フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.