ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
月刊「マスコミ市民」
  • HOME »
  • 月刊「マスコミ市民」 »
  • 月刊「マスコミ市民」

月刊「マスコミ市民」

月刊「マスコミ市民」各月号

2018年5月号(No.592)(5月1日発行)

特集は「崩壊する国家の中枢 モラルなき安倍政治に終止符を」 森友問題における文書改ざんに続き、加計問題、防衛省の日報問題と安倍政権の嘘とごまかしが次々に明らかになっています。佐川前理財局長の証人喚問が行われても事実は明ら …

2018年5月号 No.592_S

2018年4月号(No.591)(4月1日発行)

特集は「追い詰められた安倍政権」 財務省の決算文書改ざんの報道により、森友問題の嘘が明らかになり、安倍政権はもはやごまかしがきかない状況になってきました。今号では、様々な面から安倍政権のごまかしを考えます。安倍政治と決算 …

2018年4月号 No.591_S

2018年3月号(No.590)(3月1日発行)

特集は「原発ゼロ・自然エネルギーへの転換を阻むもの」 福島第一原発事故を受け、多くの国民が脱原発を望む中、安倍政権は依然として原発に固執しています。一方で世界のエネルギー潮流は再生可能エネルギー中心へと大きく変わり、日本 …

2018年3月号 No.590_S

2018年2月号(No.589)(2月1日発行)

特集は「問われる、国家の品格」 安倍政権の5年間、日本の社会において品格、矜持などが非常に失われてきたような気がします。今号では、東京大学大学院教授の高橋哲哉さん、元自民党副総裁の山崎拓さん、元検事で弁護士の郷原信郎さん …

2018年2月号 No.589_S

2018年1月号(No.588)(1月1日発行)

特集は「改憲、三選 安倍政権に見える綻び」 10月の解散総選挙では自公が2/3を維持する結果となった安倍政権ですが、森友・加計問題は収束せず、改憲議論もまとまらないなかで、綻びが見えています。今号では、政権の官僚コントロ …

2018年1月号 No.588_S

2017年12月号(No.587)(12月1日発行)

特集は「ポスト総選挙 政治はどうなる」 野党の混乱と北朝鮮への恐怖心のなかで行われた総選挙は、自公が2/3を確保する圧勝に終わり、特別国会が始まりました。安倍政権の継続と立憲民主党の登場で政治はどうなるのでしょうか。今号 …

2017年12月号 No.587_S

2017年11月号(No.586)(11月1日発行)

特集は「総選挙 野党共闘の挫折と新たなリベラルの萌芽」 突然の解散と希望の党の立ち上げ、民進党の分裂と目まぐるしい変化の中で行われた衆院選では、自民党が大勝しました。一方で、立憲民主党が野党第一党に躍り出たことで、リベラ …

2017年11月号 No.586_S

2017年10月号(No.585)(10月1日発行)

特集は「政治・外交とメディア」 森友・加計問題、自衛隊日報問題、安倍改憲論などメディアには報じるべきテーマが多数あるにもかかわらず、そうした問題への追及は不十分な一方で、北朝鮮の核実験やミサイル発射などは盛んに報じられて …

2017年10月号 No.585_S

2017年9月号(No.584)(9月1日発行)

特集は「国家の危機と日本の政治」 都議選での惨敗、森友・加計問題、自衛隊の日報問題などによる内閣支持率低下を受けて、安倍政権は内閣改造に踏み切りました。一方で、最大野党の民進党は蓮舫代表の辞任と代表選の開催が決まりました …

2017年9月号 No.584_S

2017年8月号(No.583)(8月1日発行)

  森友、加計学園問題に加え、自衛隊の日報問題、「こんな人たち」発言などがあり、都議会選は自民党の歴史的大敗という結果になりました。安倍政権の強引な政権運営にノーが叩きつけられたいま、もう首相に逃げ道はありません。今号で …

2017年8月号 No.583_S
1 2 3 5 »
PAGETOP
Copyright © NPO法人 マスコミ市民フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.