ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌
月刊「マスコミ市民」
  • HOME »
  • 月刊「マスコミ市民」 »
  • 月刊「マスコミ市民」

月刊「マスコミ市民」

2019年5月号(No.604)(5月1日発行)

特集「民主主義崩壊の危機」 安倍政権下において日本の民主主義はどんどん壊されてきました。森友加計の文書改ざんに続き、統計不正問題が明らかになりました。国会ではまともな議論もせず強行採決が続けられてきました。気に入らない記 …

2019年4月号(No.603)(4月1日発行)

特集は「安倍政権と一体化する『公共放送』NHK」 本来権力を監視するメディアの働きが非常に鈍くなっています。とりわけNHKのニュースは安倍政権の広報機関となった感があります。国民に知らせるべき情報をきちんと伝えないNHK …

2019年3月号(No.602)(3月1日発行)

特集「偽装政権 国家崩壊の危機」 安倍政権の嘘がまた明らかになりました。統計不正問題からアベノミクスが成功しているかのように見せるアベノミクス偽装の疑惑までが浮上しています。統計までごまかすようになっては国家崩壊の危機と …

2019年2月号(No.601)(2月1日発行)

特集「無視される人権 嘘と強権の安倍政治」 2月号では安倍政権の人権を無視する嘘と強引な政治運営について、政治評論家の森田実さん、ジャーナリストの斎藤貴男さんに、日韓の徴用工問題について弁護士の川上詩朗さんにお話を伺いま …

2019年1月号(No.600)(1月1日発行)

マスコミ市民600号・創刊50年記念特大号 今号は創刊600号記念号。元東大教授の桂敬一さんと川﨑泰資本誌顧問がマスコミ市民の50年とその間のメディアの動きを振り返る記念対談、ジャーナリストの神保哲生さんに今日のメディア …

2018年12月号(No.599)(12月1日発行)

特集は「無責任極まる安倍政権」 三選を果たした以降も安倍政権の無責任、国会無視の姿勢は変わりません。また適材適所と言って組閣した閣僚からも問題が噴出しています。今号では、安倍政治について法政大学教授の山口二郎さん、国会情 …

2018年11月号(No.598)(11月1日発行)

特集は「沖縄県知事選 問われる対米従属」 9月30日行われた沖縄県知事選では、辺野古基地建設反対を掲げる玉城デニーさんが大差で勝利しました。しかし、安倍政権は沖縄の民意を無視し、口では沖縄に寄り添うと言いながら基地建設を …

2018年10月号(No.597)(10月1日発行)

特集は「自民党総裁選とメディアの敗北」 事前の予想通り、自民党総裁選は安倍首相が三選を果たしました。一方で対立候補となった石破元幹事長は党員票の45%を獲得し、予想以上の健闘をしました。これは一般の自民党員の間にも安倍政 …

2018年9月号(No.596)(9月1日発行)

特集は「自民党総裁選 安倍政治を続けるのか」 第二次政権誕生以来、疑惑や不祥事が際限なく出る中、国民の意志とかけ離れた暴走政治を続けてきた安倍首相の総裁三選が確実視されています。いったい自民党はどうなっているのか。自浄能 …

2018年8月号(No.595)(8月1日発行)

特集は「国会を無視する居直り政権」 様々な疑惑の説明も十分に果たさないまま、十分な国会審議を経ずに新たな法案を数の力で強行採決で通し続ける安倍政権の暴走が止まりません。安倍首相はもはや国会の存在はないものと考えているので …

« 1 3 4 5 9 »
PAGETOP
Copyright © NPO法人 マスコミ市民フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.